アメックスカードのペイフレックス

ハワイ旅行でカードを使いすぎて、100万超の請求が来て青ざめたmaruiです(笑)

というのは冗談で、以前は家族全員の航空券とホテル代を全部AMEXで払っていたので、

旅行後の請求額はもっと多かったのです。今では家族全員が自分のカードでマイルを貯めているのでずいぶん少なくなりました。

アメックス(アメリカンエキスプレス)は他社のカードとは利用限度額についての考え方に違いがあるので、海外旅行やビジネスで支払額が普段より多額になるときは注意が必要です。

 

電話で事前に「旅行で〇〇万円くらい使います」と、事前承認を取るのがベターです。プラチナカードでさえ旅行先でいきなり使えなくなることがあるため「アメックスは使えない」という人もいます。アメックスはデビットカードみたいなもので預金残高分しか使えないと思っておいてもいいかもしれません。以前結構大きな支払いにアメックスを使いたい人が、預金通帳のコピーをFAXしてアメックスの事前承認をもらったという話を聞いたことがあります。(不動産契約かよ!)

 

アメックスのステータスは、アメックスゴールドカードであれば数百万円、プラチナカードであれば更に一桁多い額の現金が財布に入っているのと同じ状態であるから一目置かれるのです。分割払いとかリボルビング払いとかは、使わないのがアメックス流なはずなのですが、アメックスも経営的に分割払い手数料が欲しいらしく最近ではペイフレックスという他社でいうリボルビング払いも可能になっています。

 

最近ブログに書くネタがなくなってきたので、私もペイフレックスを申し込んでみました。ゴールドカードデスクに電話して申し込むだけですが、なんと長年の付き合いにもかかわらず審査が必要とのこと。結果は2週間程度あとに郵送で「ペイフレックスに対応しました」みたいな手紙が郵送されてくるだけです。ちなみに私の場合アメックスゴールドカードの利用限度額は200万円(のはずですが旅行などで100万超えるときは必ず事前承認を得ておきます)ですが、全額リボ払いできるわけではなく40万円がペイフレックスで支払える限度のようです。利用明細の中から金額の大きいものを選択して、限度額の範囲でリボ払いに変更する仕組みのようですが、個人的には使わないだろうな~。金利が高そうだし。

 

 

Air-bnb in Honolulu

今回のハワイ旅行は趣向を変えて、

初めてAirbnbでホテル替わりの宿を探しました。

今まではワイキキ通り周辺のホテルばかりでしたが

今回は郊外の豪邸を借りて、別荘気分を味わいました。

 

 

 

バードウォッチングが楽しめるバルコニーから

遠くに海が臨めます。

 

私たちのように人数の多い家族旅行では

ホテルを何部屋も押さえるより

airbnbで戸建てを借りてしまった方が

安いのは勿論ですが、豪華さでも

ホテルに引けを取らないところが

流石アメリカですね。この建物が

個人所有とは。。。

 

 

 

Air-bnb in Ueno

Airbnbにすっかりはまっている私ですが、

今週は某セミナーの懇親会に出席するため

上野駅すぐそばのワンルームに泊まりました。

 

同じワンルームで宿泊料金的にはあまり変わらないのですが

先週の物件のほうが広くて豪華でした。

 

チープさをカバーすべく

折り紙とメッセージが置いてあったりしました。

 

IMG_0970

 

 

Airbnb in Shinjyuku

airbnbを利用したら、意外とよかったので

先週に続いて今週もairbnbを使ってみました。

 

今回は新宿です。

 

airbnbは申し込まないと

部屋の正確な所在地が解らない為

万一思ってもいない地域だったらどうしよう

と、心配になるのですが

今回は都庁近くでセミナーがあったので

大体このへんかな?という部屋を

勘で予約したところバッチリでした。

 

airbnbは、海外からの旅行者向けのサイトなので

ホストのメールも【明らかに日本人のホストでも】

英語が多いのですが、今回のホストは

ちゃんと日本語でメッセージをくれました。

ハウスマニュアルなどは全部英語でしたが(笑)

 

料金は一泊11,698円とまあまあ安く泊まれました。

週末、東京のホテル事情は最悪なので、

結構直前でも宿泊先が見つかる

Airbnbは本当に助かりますね。

 

今回の部屋は壁紙が印象的な

モダンな部屋でしたが、

スリッパが無い!

日本の家屋につきものの、

玄関の段差もないので

靴を脱いで入った方がいいのか

靴のまま入っていいのか

一瞬迷いましたが(英語の)

マニュアルに土足禁止と書いてあったのを

思い出して脱ぎました。

スリッパくらい用意して欲しいですね。

 

 

20160118104410

Airbnbを使ってみたら意外と良かった

Airebnbで実際に泊まった部屋
Airebnbで実際に泊まった部屋

Airbnbを初めて使ってみました。

 

ご存じない方のために念のため、Airbnbとはホテルではなく

ホストの家やアパートに宿泊する為のシェリングサービスで

ホテル予約サイトの民泊版です。

ホストがちゃんと民宿として申請すれば問題は無いのですが

多くは申請されておらず、

大家に内緒で賃貸物件をまた貸ししている

「闇民泊」ケースがほとんどなので問題になっています。

 

しかし、私のように頻繁に東京出張する立場からすると

東京のホテル事情を考慮して政府の規制緩和が進むことを

願ってやみません。

とにかく予約が取りにくく、値段も高騰しているので

苦労しているビジネスマンは私だけではありません。

 

東京オリンピックでは宿泊施設の不足が問題視されており

日本が観光立国を目指すのであれば

民泊は必要不可欠なインフラになるでしょう。

 

Airbnbを実際に使ってみると

海外からの旅行者を対象にしているので

部屋の説明や、ホストからのメールが

すべて英語の部屋もあるのでちょっと面倒です。

部屋のレビューが利用者から書き込まれていますが

それもすべて外国語だったりします。

まあ、私の語学力でも十分理解可能なので

実用上問題はありません。

 

今回は三連休直前の金曜日の夜の予約を

前日に取ったのですが、さすがに空室は少なかったですが

何とか希望の場所に近い部屋が取れました。

Airbnbでは、部屋の正確な場所が申し込み後しかわからない

という欠点があります。地図で大まかな場所はわかりますので

希望の地域の空室を検索して、希望に近そうなところにするしかない

という神経質な人には向かないシステムですが

私の場合特に気にならなかったです。

渋谷駅近くが希望でしたが、やや離れた円山町のラブホテル街にある

マンションの一室が私の予約した部屋でした。

ホストからのメールに書いてある住所を

Googleマップで検索して初めてわかるのですが、

スマホのナビがなかったらたどり着けなかったですね(笑)

ちなみにホストからのメールには、写真入りで渋谷駅からの道順が

解説されているPDFのリンクがありました。さすが海外旅行者向け!

 

マンションに入ると郵便ポストにナンバー錠で

繋いであるカギを外して部屋の鍵を受け取るシステムでした。

 

部屋は一人の出張には十分な広さで、

2名宿泊が標準の部屋なので、ベッドはダブルベッドでした。

場所が場所だけにラブホテル替わりに使う日本人も多いのでは?

円山町でラブホテル使うも、場合によっては安上がりかもしれません。

今回のお部屋はまあまあおしゃれな部屋でしたが

こういう内装のラブホあるよね~という感じでした。

 

価格的には
¥7,001 x 1泊¥7,001
清掃料金¥4,984
サービス料¥1,543

合計¥13,528

 

でした。値段が半端なのはユーロを円に換算してるから?

クレジットカード決済でしたが、日本での決済なので

レートの変動に影響されずこの値段です。

 

1室2名までこの値段なので、普通のホテルよりかなり安く

この値段で泊まれる都内のビジネスホテルより快適です。

今後も出張の宿泊にはAirebnbを使ってみようと思いました。

 

 

帆船とカッターシャツ

ワイシャツをカッターシャツと呼ぶ人がいますね。
このカッターは、英語での”Cutter”とは関係なく
日本語の「勝った」が語源だそうです(笑)

1918年、スポーツ用品メーカー・美津濃
(現在のミズノ)によって作られた
スポーツシャツの商品名だったそうです。
約100年前の話ですね。

ホンコンシャツ同様商品名が一般名詞として定着した後、
時代の流れで忘れられていったパターンですが、
それにしても”ダジャレ”かよっ!と、
突っ込まずにはいられないナイスなネーミングですね(笑)
まあ、スポーツに勝敗はつきもの、
勝ったーシャツとは縁起がいい名前です。
一般名詞化するほどの大ヒット商品だったのでしょう。
もしかしたらカッターシャツのヒットがなければ
今のミズノはなかったかもしれません【嘘】

cutterというと、切断機のほかに小型の帆船など
船舶の種類を示すこともあるようなので、
何か関係あるのか?と思いきや無関係でした。

1918年のスポーツシャツって
どんなデザインだったのでしょうか?
興味ありますね。約50年前流行の
ホンコンシャツが細身で現在の流行や
クールビズというムーブメントと
不思議に合っていたような
偶然があるかもしれません。

Freiheitu
カッター (出展ウィキペディア)

バスクシャツを着てバスク地方を旅したり
カプリシャツを着てカプリ島を旅したり
したくなってしまう私としては(笑)
カッターシャツを着てヨットハーバーを
散歩したいです【嘘】

 

 

バスクかブルターニュか、どっち?

バスク地方は
スペインとフランスにまたがる地域で、
ブルターニュ地方は
フランス北西部のブルターニュ半島を
中心とした地域圏の呼称です。

さてどちらを旅するか?
というお話ではなく、
これですよこれ!

133009203569013218973

地名にちなんだ名前のシャツシリーズ
今回はバスクシャツのお話です。

今年の夏休みはスペインに行きたい!
と思ったら急にバスクシャツが欲しくなって
(私の中ではバスク地方はスペイン領)
いろいろ物色していたのです。

バスクシャツといえば、
ピカソが好んで着ていた事で有名ですね。
特にこのポートレートは
テーブルの上のパンが
ぶっとい指みたいに見える遊び心が
前衛芸術家っぽいですね(ホントかw)

バスクシャツは、
バスク地方の漁師の仕事着
という説が有力ですが、
ブルターニュ地方が発祥の地
という説もあり、はっきりしません。
海外ではブルターニュシャツという
言い方もあるようです。

フランス海軍の制服として
採用されていたという歴史もあり
100%自国の領土ではない地域の名前は
都合が悪いという事で
ブルターニュシャツという呼称を
フランスではしていたのではないかと
勝手に推測しているのですが
これは私の妄想の域を出ません。

で、病気が出て(笑)
欲しくなっていろいろ調べたら

セントジェームスのナバルが
ピカソ愛用のバスクシャツという
説があるのですが、現在売られている
ナバルは長袖のボートネックシャツで
写真のシャツは丸首なんですよね。
まあ、ピカソのコスプレをやるんじゃないから
どっちでもいいのですが。

セントジェームスはバスクシャツのような
ボーダーのセーターも作っていて
セーターにはクルーネックもあるので
そっちなら写真のピカソに近くなります。
コスプレするならセーターがおすすめですね。

セントジェームス以外にも
オーチバルというブランドのバスクシャツも
人気があり、ピカソのシャツはセントジェームス
ではなくオーチバルという説もあります。
くどいようですがコスプレやるんじゃないので
どっちでもいいのです。

ルミノアというブルターニュ地方にある
老舗ブランドのバスクシャツも本物っぽくて
よさそうだと思ったんですが、
ある時ふと立ち寄ったショッピングモールの
無印良品のセール品で、ボートネックの
バスクシャツで定番の濃紺ボーダー柄が

半額になっていたので買ってしまいました(笑)

ただでさえ安い無印良品が半額。
厚手のコットは価格の割に安っぽくなく
Tシャツとしては十分かな?という感じでした。
日常的にガンガン着て、ガンガン洗濯したいので
セントジェームスやオーチバルは
ちょっとお高くて、踏ん切りがつかなかった
という事もあります。

自分の中ではTシャツで出せるのは
1万円以下まで、という線ですね。

思いがけず良い買い物ができたので、
スペインに行くとき持っていこう!
と思います。

 

カプリシャツと青の洞窟

カジュアルな服装でOKな場所へ行くとしても
だれと会うかわからないからTシャツでは…
というビジネスマンの夏のカジュアルといえば
ポロシャツですよね。

ポロシャツにチノパンを合わせると小娘に
独身の若者まで「日曜日のお父さんみたい」
言われちゃいますが、  言わせておきましょう(笑)

最近はネクタイが締められるほど
台襟の高いポロシャツもあるので、
クールビズにも使えますね。

しかし、ビジネスのカジュアル化が進み
ポロシャツで仕事するようになると
(私はこれからもしないですが)
オフタイムのトップスでTシャツ以外に何か無いかな?
という日曜日のお父さんにお勧めなのがカプリシャツです。

118031111_1

引用元 http://blog.glober.jp/?p=4862

カプリシャツは昨日の記事のホンコンシャツ同様、
カプリ島名物でも何でもなく、カプリ島のような
リゾート地に似合うシャツという意味で
プルオーバーの半袖シャツをそう呼び始めたらしく、
どうやら日本独特の呼称のようです。

もしかしたらこの呼び名も、ホンコンシャツ同様
石津謙介氏のアイディアでは?なんて思います。

麻などさらっとした素材のカプリシャツなら
スーパークールビズの時代でも仕事はNGのはず
ポロシャツにチノパンで仕事をしている
クールビスなお父さんは、日曜日はカプリシャツで
毎週リゾート気分を満喫しましょう(笑)

ちなみにカプリ島といえば青の洞窟が有名ですが
私はナポリに行った時、最悪の天候に見舞われ
青の洞窟はあきらめたという経験があります。
今度行くときは晴天率の高い時期に行きたいと思います。
その時はナポリ仕立てのカプリシャツを(笑)

 

香港シャツとクールビズ

半袖のワイシャツを香港シャツ(ホンコンシャツ)と呼ぶ人がいますが、
これは香港生まれのシャツという事ではなく、

「蒸し暑い香港の夏に似合うシャツ」

みたいなイメージ先行のネーミングだったそうです。

1960年代前半のヒット商品なので、私も生まれていない
時代のトレンドですが、アイビールックの生みの親
故・石津謙介氏のプロデュースで生まれました。
カタカナの「ホンコンシャツ」は発売元の
テイジンの商標なんですね。さすがに古すぎて
さすがの私も知らなかったです(笑)

単に長袖のワイシャツの袖をぶった切るだけでなく
身幅も狭くして、オフタイムにネクタイを外しても
スポーツシャツのように様(さま)になるように
デザインしてありました。昔の画像を見ると、
スーツもシャツもスリムなシルエットが好まれる
現在のトレンドにあっていて、今見ても違和感ゼロ
結構かっこいいクールビススタイルになっています。

こういう、上着を着ない前提のシャツは良いのですが
普通のワイシャツ(ドレスシャツ)は下着がルーツなので
上着を着ないとだらしなく見えてしまいます。
襟もネクタイをしてもしなくてもかっこいいシャツは
意外と少ないものですから、ホンコンシャツは
当時のビジネスマンにさぞ重宝がられたでしょう。

余談ですが、トラベルジャケットの袖が長めなのは
真夏に半袖のシャツのうえに上着を羽織ると
腕を上げた時など、袖口から手首より上の素肌が
大きく露出して、下は半袖シャツなのがバレバレに
ならないようにという配慮なので、初めて
トラベルジャケットを購入するという方は
間違えてもお直ししないようにしましょう。

結構、社内ではクールビズでネクタイを締めないが
外回りでお客様を訪問するときはネクタイを締める
というビジネスマンは意外と多いですよね。

ホンコンシャツ風に細身で半袖のシャツと
トラベルジャケットのようにそで丈長めの
ジャケットを合わせたクールビズもいいかな?
ネクタイもレトロ調にループタイで…
等と妄想していたら、

「そういう爺さん田舎じゃよく見かけるな」

と、我に返りました(笑)

 

 

初心者向け?ハズレの少ない海外旅行先

夏休みが少なかろうが円安であろうが、
行くと決めたら絶対に行きたいのが海外旅行ですよね。

せっかくお金をかけるのだから、
期待を上回る楽しい旅行にしたいとは誰もが思うはず。

 

とはいっても、行ってみないと分からないのが海外旅行
初めての土地で味わう戸惑いも旅のだいご味ですが、
「二度と行きたくない」と思う程の経験は避けたいもの。

 

海外旅行初心者のうちは、やはり定番の観光地を目指すのが
ベターですが、定番の観光地でも満足度に個人差はつきもの。

 

そこで今回は、実際に旅行に行った人がアンケートに
「思ったより良かった」と回答した、初心者向けの
「スベらない海外旅行先」を、ご紹介したいと思います。

 

アメリカ本土

 

わざわざ“本土”と書いているのは、もちろん
海外旅行の超定番・ハワイ諸島を含まないからです。
「思ったより良かった所」というアンケートなので
ハワイは別格!という見方もできますね(笑)

 

文化的に身近で理想と現実のギャップが少なく、
ほとんどの人が楽しめるのがアメリカ本土です。
これぞアメリカ大陸の大自然!という事で
絶対見ておきたいのがアメリカ3大国立公園

グランドキャニオン・ヨセミテ・イエローストーン

一度の旅行で全てを回るのは難しいかもしれませんが、
一つは必ず行っておきたいところです。

ヨセミテ国立公園
ヨセミテ国立公園

 

また、大自然は苦手という方は
大都会の代名詞ニューヨークを散歩するも良し
ラスベガスのショーとカジノで遊びまくるも良し。
家族旅行なら本場のディズニーリゾートは外せませんね。

 

絶景あり、エンターテイメントあり、
もちろんグルメにショッピングも充実していて
誰でも、『もう一度行きたい』と思わせる
魅力に出会えるのがアメリカの懐の深さでしょう。

 

時期:8月

ツアー参考旅費:約40万円(8日間)

 

ドイツ

 

超定番、フランス・イタリアの陰に隠れてしまいがちですが、
ヨーロッパの中で最もハズレのない旅行先といえばドイツです。

 

ノイシュヴァンシュタイン城・ケルン大聖堂・レーマー広場など
歴史ある建造物は一生に一度は見るべき、と断言できます。

 

ケルン大聖堂
ケルン大聖堂

 

また、ドイツは意外とB級グルメが充実しています。

ドイツへ行ったらビール」という人は多いでしょうが、
下戸でもお子様でも楽しめるのがドイツのファーストフードです。

伝統的な味付けのソーセージは勿論美味しいですが、
カレー味の焼きソーセージ、カリーヴリストは日本人好みかも。
ドイツ人の主食はジャガイモなので、ポメスと呼ばれる
フライドポテトもソーセージの付け合わせに欠かせません。
これらはビールとの相性もばっちりですね。

トルコからの移民が多いお国柄なので、代表的トルコ料理
ケバブをパンにはさんでサンドウィッチみたいに食べるのが
ドイツ流のようです。ケバブと野菜をたっぷりはさんだ
ドイツ流ケバブはがっつり食べたい人におススメ。

これらの料理はだいたい2ユーロ前後で食べられるので
お財布にも優しいのが嬉しいですね。

 

時期:8月

ツアー参考旅費:約30万円(8日間)

 

インドネシア

 

「食」「宿」「観光」すべてにおいて
理想と現実のギャップが少ないのがインドネシアです。

 

バリ島の海
バリ島の海

 

アメリカ合衆国・ドイツなど
先進国と比べると治安や衛生面で
不安を感じる方も多いのでしょうが
一番人気を誇るバリ島等は、
世界中のセレブが集まるリゾート地なので
日本と悪い面でのギャップが少なく
少し贅沢すればセレブ気分を味わう事も可能です。

 

ウルワトゥ寺院・テガラランのライステラス
タナロット寺院などが特にお勧め観光スポットで
日本では決して味わえない大自然と同時に、
ヒンドゥー教の歴史や文化を体験できます。

 

このほかにバリ島には遺跡や
美しい景色が楽しめるスポットが
たくさんあるため、リピーターが多いのも納得です。

ナシゴレンなどインドネシアの料理は
日本でもなじみのものが多く、
とても美味しいのですが、

個人的に「水には注意」と書いておきます(!)

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

本日は「スベらない海外旅行先」をテーマに

人気の旅行先をいくつかご紹介しました。

 

見知らぬ国にチャレンジしてみるのも良いですが、
夏休みなどのハイシーズンは旅費もかさむため、
後悔の無いように無難な旅行先で
ストレスフリーに休日を過ごすのも良いものです。

 

海外旅行初心者なのに、
「ありきたりな旅はイヤ」
とか言っていきなりインドとか行っちゃうと
刺激が強すぎるのでお勧めできません(笑)

 

 

※参考サイト

国土交通省海外旅行者満足度意識調査報告

http://www.mlit.go.jp/common/000019459.pdf

 

エイビーロード海外旅行調査2014

http://www.recruit-lifestyle.co.jp/news/2014/06/05/ABROAD_20140609.pdf