マイルで沖縄への家族旅行へと「お得に行く」方法

例によって家族サービス中の

予約配信で失礼します。

 

海外旅行がこのブログの

テーマの一つですが、

今回は国内旅行を取り上げます。

 

マイレージが貯まっても

特典航空券は国内が精いっぱい

という方は多いと思います。

期限切れで無駄にする位なら

国内旅行で使いきった方が良いです。

沖縄なら下手な海外旅行より

楽しめますからね。

円安の影響も無いです。

 

ANA・いっしょにマイル割

 

 

 

沖縄への特典航空券は

東京発の場合ローシーズンでも

14000マイル必要です。

 

一緒にマイル割なら

同行者がいれば10000マイルで

同行者は普通運賃46090円のところ

26000円(1名)往復出来ます。

子供料金は使えませんが、

こっちの方が安いことの方が

多いと思います。

早期予約の特割りの方が

場合によっては安くなりそうですが

4日まえまで予約できるので

急に思い立っても大丈夫です。

 

大人二人子供二人の家族旅行では

10000マイル+78000円で往復出来ます。

LCC程では無いですが、

1人20000円以下というのは安いですね。

 

同行者が1名いればいいので

夫婦それぞれが10000マイルづつ

持っている場合は、

(10000マイル+26000円)×2

で、行くことができてさらにお得です。

 

 

 

JALおともdeマイル割引

 

JALにも「おともdeマイル割引」という

ほぼ同じ制度があります。

割引率もほとんど同じなので

JALメインの方はこちらを利用しましょう。

 

ANAとJAL両方に共通するコツは

ANAファミリーマイルや

JALカード家族プログラム

といった、家族間のマイル制度を使って

マイルをまとめて、10000マイル集め

家族旅行で飛行機を使って

家族全員で、またマイルを貯める。

というマイル+割引運賃の両方の

メリットをフル活用する事でしょう。

(同行者は割引運賃でも75%マイルが貯まります)

 

どうしても18歳未満の子供のマイルは

期限切れなどで無駄になりがちですが

有効利用する仕組みを作ってしまえば

マイルがどんどん貯まる様になると思います。

 

家族旅行だけでなく、

帰省で家族全員が飛行機で

往復するというご家庭は多いと思います。

 

陸マイルも含めて、積極的にマイルを貯めれば

大人1名分をマイルで無料化するのは

それほど難しくないと思います。

 

逆に、家族全員分のマイルがあっても、

特典航空券が同じ便で全員分とれない

という可能性があるので、席が確保しやすい

1名分だけ特典航空券を使うプランは

便利だと思います。

 

「次の週末は沖縄へ行こうか?」

 

なんて、サプライズプレゼントも

粋ですね。

 

関連記事

ANA & JAL 家族旅行でマイルを貯める方法
http://iecon2012.org/?p=442

夏休みに子どもと一緒に行く!おすすめの海外旅行先

夏休みに子どもと一緒に行く!おすすめの海外旅行先

夏休みにおすすめの海外旅行先

夏休みにおすすめ、期待以上の海外旅行先

 

 

 

ANA & JAL 家族旅行でマイルを貯める方法

あけましておめでとうございます。

今、家族サービス中でして

この記事も予約配信になっています。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

家族サービスで海外、といえば

マイレージを貯めて家族旅行に出かけたなら

その旅行でも、そつなくマイルを貯める、

というのが今回のテーマです。

 

「主婦のクレジットカード限度額を上げる方法」

の記事でも紹介しましたが

家族旅行でマイルをそつなく貯めるには

家族全員のマイレージ・ポイントを

余すことなく一つにまとめるのがコツです。

 

ANAカードファミリーマイル

 

ANAカードファミリーマイルは

生計を一つにする一親等以内の

同居親族のマイルを一つにまとめられる

家族旅行にピッタリの制度です。

 

マイレージカードとマイルは

18歳未満の児童であっても

個人ひとりひとりに付与されるので

クレカを持てない

18歳未満の子供たちのマイルは

期限切れになりやすかったのですが

ANAカードファミリーマイルなら

一親等の家族全員分を

簡単に一つにまとめられるため

利用頻度の低い家庭にありがちな

マイレージの期限切れになる確率が

ぐっと減ります。

 

マイルは電子クーポン

ANAスカイコインにも換えられるので

旅行以外にも使えますし

パッケージツアーの支払いの一部に

する事も出来ます。

 

 

 

 

 

JALカード家族プログラム

 

JALカード家族プログラムも

ANAカードファミリーマイルと

ほとんど変わらないのですが

 

3万マイルを3万6千円相当の

JALクーポンに交換できるため

ツアー旅行の支払いが可能です。

 

家族旅行では、どうしても

パッケージツアー商品に

頼ることが多いので、

特典航空券に換えるより

換金率は落ちるものの

魅力的な制度だと思います。

 

ANAにもANAマイルVACATIONという

似たような制度があるのですが

2015年1月19日までの予約分で

終了してしまいます。

 

 

 

まとめ

 

家族サービスだけでなく

帰省のために定期的に

家族で飛行機に乗るというご家庭は

意外に多いと思います。

 

ANA/JALともに

家族向けのいい制度があるので

家族全員でマイルを貯めて

4人家族の旅行でマイルを貯めて

次の旅行は3名分の予算で…

という事も無理ではありませんし

もっと率の良いフライトが

見つかるかもしれません。

 

関連記事

マイルで沖縄への家族旅行へと「お得に行く」方法
http://iecon2012.org/?p=449

夏休みに子どもと一緒に行く!おすすめの海外旅行先

夏休みに子どもと一緒に行く!おすすめの海外旅行先

夏休みにおすすめの海外旅行先
http://iecon2012.org/?p=610

主婦のクレジットカード限度額を上げる方法

マイレージカードはクレカ付に限ると
何度も書いていますが、
専業主婦の場合、カードが作れるのか?
という疑問を持たれる方もいらっしゃるでしょう。

 

 

家族カードなら個別の審査は無し

 

 

普通専業主婦や学生の家族に関しては

家族カードを作れば、年収ゼロでも
問題なくカードを持てますし、
メインのカードの範囲内で家族会員も
使えますから、限度額が低すぎて
海外旅行の航空券の決済に使えない
といった不満が出ることも無いと思います。

 

 

ちなみにJALカードの家族会員プログラム
生計を同一にする一親等の家族会員(子会員)を
9人まで登録でき、特典交換時マイルを合算できます。
同居の家族間であれば、マイレージの移転が
もともと可能ですが、手数料が掛かります。
家族プログラムなら、手数料がかからず
ムダがありません。

 

 

最近では3世帯同居というケースは
少ないでしょうが、それ以外の世帯でも

効果は絶大です。

海外旅行どころか、

国内さえ滅多に乗らない親世代は

家族旅行で発生したマイルは

特典に交換するところまで育つ前に

期限を迎えてしまう事が多いと思います。

18歳未満の子供たちであればなおさらです。

 

日常的な買い物や公共料金の支払いを

クレジットカード払いにする事で

いわゆる「陸マイル」も貯まりますが

細かい「陸マイル」も家族分を

一つにまとめればバカになりません。

 

 

マイルを無駄なく使えて、期限切れの
リスクがかなり低くなる良い制度だと思います。

 

ANAにも

ANAカードファミリープログラムという

似たような制度があります。

 

 

配偶者とは別のカードが欲しい場合

 

 

 

マイレージカードにクレジットカード機能をつけて

「家族カードでは無く、自分名義のカードで」

という場合、専業主婦かパートなどで収入があるかで

多少の違いはあるものの、限度額の低いカードならば

作ることができる可能性が高いです。

 

どの会社の審査がゆるいとか

言う事は出来ませんが、

基本的に

 

配偶者が定職についていて、

ブラックリストに載っていない

 

という方は、収入が無くても

配偶者の社会的信用で

カードを作れることが多いです。

 

カードの限度額が10万円程度だと

大きな買い物には使えませんが

毎日の買い物、公共料金の支払い

生命保険、自動車保険など

固定費の支払いを全てカードにする事で

カードの使用履歴(クレジットヒストリー)が

積み上げられると、個人の信用が高まります。

 

クレジットカードの限度額は

貸金業法の総量規制ではなく

カード会社の判断で決まるので

実績が積み重なると、かえてもらえます。

 

いきなり限度額アップではなく

最初は、航空券購入など

用途が明確な大きな出費であれば

事前に申し出る事で、一時的に

限度枠が広げてもらえるようになります。

 

実績がつくカード会社の方から

限度額をあげられるという

通知が来る事もあるようです。