クレジットカードとマイレージカードの違い

JALカードVISAゴールド
Pocket

 

 

クレジットカードとマイレージカードの違い

 

 

そもそも、マイレージサービスの

会員証であるマイレージカードに

クレジットカード機能を持たせるから
選ぶのに迷っちゃうんですが、

文句言っても仕方ないですよね。

 

クレカ機能付のほうが圧倒的にお得なので、
逆に、

 

クレカ機能が無いマイレージカードには存在価値なし!

 

と割り切ればわかりやすいと思います。

 

クレジットカード機能付のマイレージカードには
通常の搭乗マイルに加えてボーナスマイルという
おまけがつくので、

いくら無料で作れるからといって
クレカ無しのマイレージカードで

マイルを貯めてはいけません。

年会費くらい

一回飛べば元がとれる事もあります。

入会するだけでボーナスマイルが

もらえることもありますからね。

 

同じグループに属する航空会社間では

マイルをひとつの会社のカードにまとめられるので、
マイレージカードは基本一つ持てば充分です。
飛行機に乗る機会が非常に多く、
行き先も多岐に渡るという

『特別なお客様』は別ですが(笑)

 

大切なのは、

マイレージカードを作ったら
そのカードをメインカードとして、

徹底的に使い倒すことです。

 

航空券の購入、ホテルの支払い、レンタカーなど
旅にまつわる支払いの

全てでマイルが貯まるだけでなく
日常の買い物で貯まる

クレジットカードのポイントも
マイルに交換できるのですが、

忘れてはならないのは
他のカードからマイルを移行すると

手数料をとられることです。
入会時のボーナスマイル目当てで、

カードを作りまくってはダメです。
「そのカードがメインなのか、サブなのか?」
「主に使う航空会社はどこなのか
「主な行き先はどの国どの地域なのか?」

等、考慮すべき情報が多い上に選択肢が多岐に渡るので
クレジットカードやマイレージカードの
損得を客観的に判断することが困難になっています。

 

多少のポイント換算率には目をつむって
かっこよく使える1枚を使い倒した方が
結果的に得るものが多いと思います。
手数料のロスを考えたら、

メインのマイレージカード以外では
買い物をしないという位の徹底振りが理想です。

映画「マイレージ、マイライフ」でも
主人公ライアンは

 

「マイルにならない買い物はしない」

 

と言い切っていました。

マイルを貯めるには、一極集中を心がけましょう。

 

mm007

 

 

念のためクレジットカードの基礎知識

 

 

クレジットカードの種類

クレジットカードにはいろいろな種類がありますが、
国際カードとして認められるのは5種類だけです。

VISA MASTER JCB AMEX DinersClub

国際カードであれば基本どれでも構いません。

 

それぞれ航空会社が戦略的に提携しているのですが

おおむね、以下の通りのキャラクター設定になっています。

 

年会費が安いリーズナブルなカード=JCB
一般的なサービスのカード=VISA・MASTER
上級会員向けカード=AMEX・DinersClub

 

とりあえずこだわりがなければ

VISAかMASTERで作れば
問題ないと思います。

 

JCBは日本発の国際カードで、

私が若い頃は国際カードといいながら
海外旅行では使える店が少なく不便

というイメージが強かったのですが、
流石に今はそんなこと無いようです。

 

アメックスとダイナースは日本国内、

特に地方都市で使えない店が
多いイメージだったのですが、

アメックスはJCBと提携したので
断られることが減ったような気がします。

 

 

ダイナースはアメックス以上に

格式にこだわるので

加盟店を増やそうと言うきが元々無い、

ここぞという店でしか使わないカードですね。

 

マイレージカードを発行する航空会社ごとに
様々な特典をつけてきますので、

カード選びはそちらの方が重要で
カードのブランドは、

複数作る時にダブらないように

気をつけるくらいで良いでしょう。

 

「バブルの名残でアメックスに

特別な思い入れがある」

 

「アメックスプラチナカード

センチュリオンを狙ってる」

 

等、別の目標がある場合は、

許容範囲なのかもしれませんが、
アメックスは手数料が高すぎる、

という声があるのは確かです。
付帯するサービスが、

手数料に見合っているかどうか?
見極める必要があります。

 

「いつかはセンチュリオン」

 

という志の高い人は
気にならないのかもしれませんが

正直私は高いな~と思いながら使ってます(笑)

 

私はアメックスのゴールド持ってますが
空港のラウンジとか、

行きと帰りの手荷物宅配無料など
付帯サービスをフル活用しないと、

正直あわないな~と思っています

 

逆にサービスをフル活用して

完全に元は取っていますが

決済金額はゴールドの割りに低いので

あんまりいいお客様ではない

と思います。(笑)

 

しかし、そうでもしないと

年会費が高いから元が取れないです。

 

プラチナのインビテーションが

時々来てるんですが、
今よりもっと年会費が

高くなるから無視してます(笑)

 

 

クレジットカード機能付マイレージカードの特典

 

 

マイレージサービスのポイントを管理する以外にも
クレジットカード機能付マイレージカードを利用して
航空券を購入すると、ボーナスマイルがもらえるなど
様々な得点があります。

 

たとえばANAのマイレージカード

(ANAマイレージクラブカード)を、
クレカ機能付の

ANAマイレージプラスで作るとします。

 

年会費は初年度無料で

2年目からは2100円掛かります。

年会費は気になるコストですが、

年会費が安いカードより高いカードの方が
マイルがたまるようになっています。

 

 

出来ればより上位のカード
(ゴールドカードなど)を

選ぶことをお勧めします。
年会費分くらいは

充分元が取れるだけの差があるからです。

 

ANA・JCB・ZEROは年会費無料で

クレカのポイントをマイルに変える
移行手数料も無料なので、

一見すごく経済的にクレジットカードを持てる
ユーザー思いなカードに見えます。

 

しかし、

クレカのポイントをマイルへ交換する換算率が

 

1,000円=1ポイント=5マイル

 

と普通カードの半分しか無いのです。
これなら、マイルに変えず

ポイントで景品をもらった方がいいので
作る意味がありません。

 

ANA・JCB一般カードは

手数料が安い割りに他の一般カードと
換算率が変わらないリーズナブルなカードです。

 

年会費2100円移行手数料2100円で

1000円=1ポイント=10マイルと

 

ZEROの倍あります。

 

そして、ANAアメリカンエキスプレスカードは
年会費7560円移行手数料6480円と高額ですが

 

100円=1.5ポイント=1.5マイル

 

と一般カードと比べて

非常に高い換算率であるだけでなく、
空港ラウンジの利用が無料で、

同伴者も一名無料だったり
海外旅行や国内旅行の保険が充実していたりと、
付加価値の高いカードになっています。

 

関連記事

JALマイレージカードの作り方

ANAマイルの貯め方(フライトマイル編

 
 

(Visited 7,081 times, 2 visits today)
marui

投稿者: marui

<略歴>  弱小輸入商社→外資系損害保険会社→起業 <現在> 年商2億円程度の小さなインターネット関連企業を経営しています。 拠点が東海地方なので、東京⇔大阪間は新幹線で移動する ”陸マイラー” です。仕事は国内限定。年に2回くらい家族サービスで 海外旅行する際マイルを使っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です