初心者向けマイルの貯め方

ANAマスターワイドカード

マイラーになろう!

スポーツと違って、マイルを貯めるという
行為に初心者も上級者もありません。

 

まあ、入ってくる情報に差が有るとは思いますが
インターネットでちょっと検索すれば
ほとんど解決する世の中なのですから。

 

と、言うわけで、初心者だからといって
マイルが集まらないということはありません
経済力の差はハッキリ出ますけどね(泣)

 

まあ、出来る範囲で楽しみながら
集めればいいのではないでしょうか?
マイレージサービスは、
『所詮ただのポイントサービス』
と、言いたいところですが、
飛行機の常連客向けという
敷居の高さがあると思います。

 

だからこそ、集め甲斐があり
しょっちゅう海外旅行してる人から、
飛行機に乗ったことが無い人まで
たくさんのファンが集めているんですね。

 

私は富裕層ではありませんが、
セルフイメージを高めるために
富裕層の皆さんの行動を

「まねする」様にしています。

 

お金持は必ずといっていいほど、
マイルをきっちり貯めています。

クレジットカードは嫌いだという人でも
マイレージカードは持っていて、
きっちりポイントは貯めています。

 

私は昔、マイルはもちろん、
ポイントサービスの類が嫌いで
一切集めていませんでしたが
経営者の先輩方の真似をするうちに
マイレージカードを作って
管理するようになりました。

 

お金持ちの友達が増えると
余計な出費が増えて困るのでは?
と思っていましたが
逆に収入は増えました。

 

マイルを貯めるために
無駄遣いをすることは一切無く
むしろ、
マイルを逃していたのは
現金を捨てていたに等しいと
実感しました。

 

なにせ、
ただ単に支払うカードを統一し
航空会社(グループ)を意識して、
マイルを申請して
買い物で貯まるポイントは
マイルに交換するだけで
出費は今までと変わらないのですから。

 

逆にマイルを使えば、
エコノミーと同じ値段で
ビジネスクラスや
プレミアムエコノミー等の
広い席に座れる様になりました。

 

新幹線で出張していた地方へも
あえて飛行機で出張するようになりましたが
会社としては経費が増えていません。

 

無料航空券を使ってるんだから
当たり前ですね。

 

私がやってることは
初心者でも、上級者でも同じです。
カードで払って、マイルを貯める。
誰でも出来ることなんです。

 

ANAマスターワイドカード
ANAマスターワイドカード

 

 

 

出張族になったらマイラーになろう!

私はサラリーマン時代
突然沖縄県那覇市へ転勤になり
飛行機に頻繁に乗るようになりました。
会議や研修で、
月に2~3回は東京⇔那覇間を
移動する事になったのです。
チケットはもちろん会社もち

私は今まで無縁だった飛行機に
頻繁に乗るようになったのですが
その時はマイルをうまく貯められませんでした。

「どうせ、海外旅行へいけるほど
貯まるわけ無い」

と、最初から決め付けてしまい
マイルをたわいも無い景品と
交換してしまったのです。

 

今にして思えば
典型的な貧乏人の思考でした。
会社が与えてくれた
出世とマイルのダブルチャンスを
見事に逃したわけです。

 

会社の出張で飛行機に乗る機会が増えると
先輩から仕事だけでなく
マイルの貯め方も教得てくれると良いのですが
意外と前任者が全く無頓着だったり
あるいは、会社のお金で乗る飛行機で
個人的にマイルを貯めていいのか?
という疑念から、聞きにくかったりと
マイルに関してはポイントも情報も
引継ぎが無いケースが続出しています(笑)
自己防衛しましょう。

 

色々あるんですよね、サラリーマンは
私の場合は後者でしたね、
結構気をつかうタイプなんですよ(笑)

 

おススメ!マイルのカッコいい使い方

 

恐らく、初心者マイラーの方は
会社から支給される航空券は
エコノミークラスでしょう。
そこで発生するマイルと
日常生活で発生する支払いを
全てマイルに変えられるようにして
座席をエコノミークラスから
ビジネスクラスへアップグレードしましょう。

 

ビジネスクラスの出張が認められるのは
まだまだ先という方でも、必ずビジネスクラスで
移動しているうちに、セルフイメージが高まり
ビジネスクラスが当たり前になってしまいます。
その時、ビジネスクラスにふさわしい仕事ぶりに
なっているはずなのです。

 

 

陸マイラーは錬金術師

 

JALマイレージカード
JALマイレージカード

 

飛行機乗るたびにマイルが貯まる
そのスピードには及びませんが、
日々の買い物でもマイルを貯められます。

 

クレジットカードのポイントを貯めて
それをマイルに交換する人の中でも
飛行機に乗らずにマイルを貯める人々を
陸マイラーと呼んでいます。

 

本来、飛行機の常連客向けのサービスなのに
一度も飛行機に乗らずにマイルを貯めるというのは
本当の常連客からすると邪道と写るかもしれません。

 

しかし、航空会社にとっては新規顧客開拓という
意味もありますし、別に違法行為ではないので
堂々とやればいいと思います。

 

ただし、ネットの情報をさらっと読み流して
「簡単そうだから、やってみようかな~」
位のノリの人は損することもあるので
よく読んでください。

 

  1. ポイントをマイルに変えるとき手数料などの
    ロスが発生します=そのままポイントとして使うという
    手もあるので、マイルにこだわり過ぎない方が良いです。
  2. カードの種類によっては、ポイントにもマイルにも
    期限があるので、カードの使用頻度によっては、マイルが
    無駄になる=やはりポイントとして使うことも考えましょう。

 

基本的に、毎月どのくらいカードを使えるのか?
これによって、マイルとして使うか、ポイントとして使うか
どちらがベターなのかが決まります。

 

例えば、電気ガス水道といったライフライン、
生命保険、自動車保険といった保険料、
食料品日用品の買い物など全て、
クレジットカードに変えたとき
(いわばポイントの基礎代謝が)
何ポイント貯められ、そのカードでは
何マイルに交換できるのかを計算して

どこまで行けるのか?を逆算して目標を設定しましょう。

 

どんなにがんばっても、航空券どころか
座席のアップグレード位しか貯まらないかも知れません。
(JALのクラスJや、ANAのプレミアムクラス等)

クレカのポイントは、カード利用の支払いに充当できる
カードもありますので、クレカでポイントを貯めて
LCCの航空券を買えば、無料の空の旅は簡単かもしれません。

 

それでも、私は、マイルを貯めて、一クラス上の旅を
楽しんでもらいたいと思います。

 

LCCのエコノミー以下の座席で荷物扱いを受けるか?
自腹で航空券を買って、マイルを使って
座席をアップグレードするか、どちらかといえば
私は絶対に後者を推します。(マイルも貯まるしね)

 

関連記事

JALマイレージカードの作り方

ANAマイレージの貯め方(陸マイル編)

ANAマイルの貯め方(フライトマイル編)

 

 

 
 

(Visited 27,080 times, 1 visits today)
marui

投稿者: marui

<略歴>  弱小輸入商社→外資系損害保険会社→起業 <現在> 年商2億円程度の小さなインターネット関連企業を経営しています。 拠点が東海地方なので、東京⇔大阪間は新幹線で移動する ”陸マイラー” です。仕事は国内限定。年に2回くらい家族サービスで 海外旅行する際マイルを使っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です