マイレージカードを持っていない方は会社の出張でマイルがもらえても滅多に出張で飛行機に乗らないので、『わざわざマイレージカードを作るのも面倒くさいし、たいして貯まらないから』と放置してしまうケースが多いのではないでしょうか?

また、『会社が航空券の代金を支払っているのでもらえるマイルは会社のものでは?』という考え方もあるでしょう。私は法人と言う別人格を持っていて「法人税」と「所得税」とを天秤にかけて損の無い様に「会社」と「個人」を使い分けますが、会社員の方はタナボタなのか面倒のタネなのか、ちょっと困るかもしれないですね。

出張で貯まるマイルは誰のもの?    

そもそも、出張で飛行機に乗って発生するマイルは誰のものでしょう?マイレージサービスは法人需要の囲い込みではなく個人向けサービスです。したがって飛行機に搭乗してもらえるフライトマイルは、『搭乗者名簿に記載された個人』に付与されます。そのため、『料金を支払ったのが会社であってもマイルは社員に付与せざるを得ない』という事情があります。

出張で貯まるマイルを使用に使ったら横領?    

映画マイレージマイライフの主人ライアンは1年間に322日も出張する出張族の鏡なので給料以外に得る利益も莫大でしたが、劇中では社長の信頼も厚いエグゼクティブでしたから横領に問われる心配は無さそうでした。

しかし、もし私の部下が(社員を雇う予定は無いですが)社用の出張でマイルを貯めまくり、航空会社やホテルの上級会員になり、移動は全てビジネスクラス、ホテルの部屋もアップグレード、空港ではVIP用のラウンジで無料の寿司でもつまんでいようものなら、皮肉のひとつも言いたくなりますが(笑)

ここまでは、所得したマイルに応じた無料サービスなので横領は問えません。航空会社やホテルが勝手にVIP扱いしてるだけなので、会社は
経済的不利益を受けているわけでは無いからです。

では、個人名義のマイレージカードで貯めたマイルを使ったらどうでしょうか?

もし、裁判にでもなれば、航空券を買ったのが会社だからマイルも会社のものという主張に対して、『マイルは搭乗した個人に、航空会社から
プレゼントされた景品でお金を払ったのが誰かは関係ない』という点で対抗できるかもしれないですね。おススメはしませんが。

『出張マイル 判例』

というキーワードで、検索したけど全く見つからないので日本では未だかつて、そういう裁判は行われていないのかも知れません。

私なら、マイルくらい出張旅費の足しに社員の自由にさせるべきだと考えますが会社側もそういうところが気になるのであれば裁判なんて事にならないように出張に伴うマイルについての社内規定をちゃんと作るべきでしょう。もし、あなたの会社に出張マイルに関する規定が無い場合は会社の空気を読みつつ、個人で貯めたマイルと区別するかどうか決めたほうがいいかもしれないですね。

私のまわりの法人では『とても管理しきれない』と言う理由でマイルの扱いは個人の自由にしているケースがほとんどのようです。日本を代表する大企業トヨタ自動車の広報部の話では「特に会社としては関与していません」とのことでした。黙認ですね。

マイルは請求しなければ貯めることも、航空券や景品と交換することが出来ない為『使っていません』と言う顔をしていれば、会社から『あの時のマイル、どうした?』とか聞かれない限りは使おうが、ムダにしようがバレません。まあ、社内の空気を読んでこっそり貯めるのがいいでしょう。



公務員は出張でマイルを貯めないってホント?    

世間の目が何かと厳しい公務員の皆様。航空券の購入資金が税金と言うことで世間の目も厳しいため中央官庁職員の出張に伴うマイルの取得・利用を自粛する方針が伝えらたこともありましたが後に、マイルを有効活用する方向に転換しています。

平成20年に、「公費出張で貯めたマイルは次の出張に使うこと」をルール化する通達を各省庁に出しています。地方自治体では対応が分かれており「私的利用が疑われるので一律に自粛する」「有効利用するには管理が難しい」といった理由で公費出張でマイルを貯めることについて自粛を求めている自治体と中央官庁同様、マイルを有効利用して出張旅費の節約に努めているところに分かれるようです。

あとは、地域によっては飛行機を利用した出張がほとんど無いというところも多いでしょう。李下に冠を正さずといいますので、公務員の皆様上手にやりましょう。

滅多に飛行機に乗らないけど、マイルは欲しい

『社員旅行でハワイに行った。個人的に海外へ行くつもりは無いけど、流してしまうのはもったいない。有効利用できませんか?』というケース、ありそうですね。このブログ的には『いい機会だから、これから飛行機に乗りまくればいいじゃないですか!』と言うことなんですが、まあ、無理はいいません。

JALの場合、海外パッケージツアーの多くは通常料金の50%のマイル換算率なので東京→ホノルルは1916マイル往復で3832マイルもらえます。3000マイルでもらえる航空券はありませんが期限内に細かいマイルの端数を処分できるよう景品と交換できる制度があります。3000マイルなら、日東紅茶やロッテなど3000円相当のクーポンと交換できるようです。結構無駄なく使えるのではないでしょうか?

『マイルは換金できませんか?』

と言うのは良くある質問ですが、直接現金は無理でもJALは電子マネー特典「WAON」に1万マイルから1万マイル=1万WAONポイント(1万円相当)と交換可能です。

 

WAONが使える店舗など
WAONが使える店舗など

 

WAONは上記のお店などで使えるので現金に換金したのと変わらないですね。まあ、1万マイル貯めるのが大変ですけど。



(Visited 17,668 times, 9 visits today)