海外旅行用のスーツケースというと、両開き(ケースのまんなかで開くタイプ)のハードケースを想像する方が多いと思います。しかし、この傾向が強いのは日本人の特徴らしいです。ナイロンなどの素材で出来たソフトタイプのキャリーバッグが日本でも人気で、旅行じゃなくてもころころ転がしてる人は多いですが、海外では、スーツケースもソフトケースのキャリーバッグ型が人気です。

機内持ち込みが出来ない大型のものになると、キャスターが4輪になったりしますが基本は縦長でハンドルが伸びて引いて歩くスタイルは変わりません。日本人はキャリーバッグもハードタイプがお好みなので、リモアとかが人気ですよね。どうもハード=高級、ソフト=安物、というイメージがあるようなのですが海外ではそんな事は無いようです。

目次

ソフトケースは弱いのか?
堅く無いハードケースが人気?
おすすめソフト&ハード

ソフトケースは弱いのか?

両開き方のハードケースは荷物の出し入れの時、がばっと大きく広げないといけないので荷造りの時は便利ですが、移動中にちょっとした出し入れがあると逆に不便です。ちょっとだけ出したいものがあるというときも広い場所で、がばっと開かなくてはいけないというのは問題ですね。これからスーツケースを買う方はキャリーバッグ型のスーツケースをお勧めします。容量も80~90リットルという特大サイズもありますから、不便な昔ながらの両開きスーツケースを選ぶ理由は無いと思います。

問題はハードケースかソフトケースかですが、好きな方を使えば良いと思います。両方持っていますが、昔と違ってそんなに変わらなくなってます。私は両方持ってますが、ビジネスには無難を極めた黒のナイロン製ソフトケース。プライベートにはこれまた定番シルバーのハードケースを使っています。両方機内持ち込み可能なサイズで、重量もあまり変わりません。

ソフトケースに多く使われているバリスティックナイロンは非常に耐摩耗性が高く、滅多に穴が開いたりしないですし、汚れが目立たない黒を選べば、一目見て古いとわかるほど傷がつくこともありません。むしろハード方が、輸送中雑に扱われた場合凹みをつけられたりする事があります。(預けたスーツケースの凹みは航空会社の補償対象外で有る事が多いです。)デザイン性の高さや美しさがハードケースの特徴ですが乗客が見ていないところでブン投げられている、という事は覚悟して預ける必要がありますね。防水性もさほど変わりません。気になる人は、スキー用の防水スプレーをかけてもいいかもしれないですが、雨用のビニールカバーもありますし、そちらの方がお勧めです。



堅くないハードケースが人気?

昔、ハードケースは木製で革張りが主流でその後硬質プラスチックが主流になりました。海外旅行の主役が船から飛行機に変わると強度と軽量さを両立したアルミ製のハードケースも現れます。化学繊維の登場以前、ソフトケースは天然の布や革で出来ていました。伝統的な製法のスーツケースも生産され続けていますが、ハードケースはポリカーボネートがソフトケースはバリスティックナイロンが素材の主流になっています。

1897年創業のグローブトロッターは、ヴァルカンファイバーという特殊な紙を何層にも固めたものを樹脂コーティングしています。この製法は100年以上変わらないそうです。つまり、100年以上前に必要充分な強度をスーツケースは手に入れているわけなのです。プロ用なみのカメラや精密機械を飛行機で運ぶ、という場合を除けばハードでもソフトでも、あまり変わりはありません。ポリカーボネートの登場でハードケースも軽くしなやかになりました。バリスティックナイロンは、もともと軍需用に開発された繊維なので金属のように丈夫です。ハードケースとソフトケースの特徴が近づいてきている以上ハードかソフトかにはこだわらず機能性とデザインで選べばいいと思います。昔ながらのアルミケースといえばゼロハリバートンが定番ですが、ケースだけで重量が7kgとかにもなりますので、よほど貴重品を運ぶのでもなければ、お勧めではないです。

ゼロハリバートンのアルミケース。

ポリカーボネートのハードケースは非常に軽くて、弾力性に富んでいて、ある程度へこむことで破損を防ぐ仕様になっています。外部からの衝撃や圧力に対して中の荷物が全く影響を受けないわけではありません。カメラやノートパソコンなどはハードケースであってもスーツケースに入れて預けたりせず機内持ち込みにしたほうが無難です。乗客が期待しているほど荷物は丁寧に扱われませんからね。わたしはハード・ソフト両方使っていますが、どちらも壊れるところはキャスターかハンドル部分です。

人気のリモア。アルミフレームにポリカーボネートのハイブリッドで軽量かつ堅牢

ハードケースはデザイン性に富みカラフルで美しく、旅を楽しくしてくれますが、ほとんどの商品はカメラや精密機器を運ぶほど堅牢では無いです。デザインやカラー、ブランドイメージでハードかソフトか選ぶ、ミーハーな選び方が正しいといってもいいでしょう。ハードなイメージがお好みでも、流石にゼロハリバートンは重い…リモアの方が売れるのは当然ですね。本当にゼロハリバートンの機能が必要な人は限られてくると思います。まあ、私はバブル世代なのでセロハリバートンには格別の思い入れがあったりしますが。

おすすめソフト&ハード

ちなみに私の場合出張用にソフトケースのトラベルプロ、バカンス用にハードケースのリモワを持っていて、どちらも、選ぶときの基準はスーツをしわにならずに運べるインナーと、ノートパソコン用のインナーバッグの両方があるものという事で、特にブランドやハードケース、ソフトケースとかこだわりませんでしたが、自然に定番商品に落ち着きました。どちらも間違いの無い一品でお勧めです。トラベルプロは出来が良いのですが、欠点は華が無い事くらいしか思いつきません。

 

誰にでも安心してお勧めできるトラベルプロ

 

映画「マイレージ・マイライフ」で、ジョージクルーニーがこれを使って全米を飛び回っていました。トラベルプロは機内持ち込みサイズでも皺を作らずにスーツが運べます。私は3~4日の出張ならこれで不自由した事が無いです。日帰り出張でもこいつで出かけて、行きの帰りの機内はスーツをトラベルプロに収納してリラックスウェアで移動するのが私の使い方です。帰りはお土産も入っちゃいます。国内線の機内持ち込みサイズは国際線より小さい事があるので、私はやや小型のものを選んでいますので、国際線のサイズを基準に買えば結構な長旅でも大丈夫でしょう。



(Visited 36,670 times, 19 visits today)