アメックスのセキュリティコード

アメックスのセキュリティコードは
VISAやMASTERの3桁に対し
相変わらずわが道を行く4桁です。
4桁に何か意味があるのでしょうか?

 

セキュリティコードとは?

 

セキュリティコードは
クレジットカードの
不正利用を防止するため
表面に刻印された、
クレジットカード番号とは
異なるコード番号です


つまり、

カードの現物を見ないとわからない
ということで、特にネット通販での
不正利用を防ぐのに役立っています。

セキュリティコードというのは
ネットショップも含むお店側が
情報を保存することが禁止されているので
買い物するたびに入力しなくてはならず
結構めんどくさいものですが、

おかげで、今のところ
ハッカーにセキュリティコードが
破られたことは無いそうです。

しかし、
セキュリティコードがあっても

フィッシングサイトで、カード番号と
セキュリティコードの両方を
だまされて入力してしまった場合は
不正利用される危険にさらされています。

また、
ショップがセキュリティコードを

不法に保存しており、そのコードを
カード番号とともに漏洩してしまい、
カードが不正に利用されたケースが
日本でも起きています。

 

完璧なシステムというのは

やはり無いようですね。

店側の不法行為はユーザーに
防衛手段が無いので、
通販サイトなどで
クレカ情報を保存でき、
次に使うときセキュリティコードの
入力が不要なサイトは
明らかにコードを保存しているので
利用後は、カード情報を保存しないか
そのサイトの利用そのものを控えた方が
良いと思われます。

 

アメックスのセキュリティは高いのか?

 

インターネット関連企業を経営していると
ネットリテラシーが高いと誤解されますが
私の場合、ハイテク企業とかIT企業
ではないので、むしろ弱い方です。


セキュリティコードについても

「おお、流石アメックス一桁多いから
セキュリティも高いに違いない」

と、脊椎反射的に思いましたからね。


セキュリティコードの桁が多くても

クレジットカード番号の桁数は
少ないのに(笑)

 

最初はアメックス他社と同じなのが

嫌なだけで桁数を増やしたのか?

と思いましたが、

先日オンラインで手続きしたところ

カード表面の4ケタと

裏面、署名欄付近の3ケタの

2種類のセキュリティコードの

入力を求められました。

 

流石に2種類の

セキュリティコードなら

完璧ですよね。

 

そこまでやるのか!

と驚いた次第です。