転職したばかりではクレジットカードが作れない!?

マイレージカードはクレカ付がお勧めですが、
クレジットカードは作るのに審査があります。
場合によっては、審査に落ちる可能性もあります。

クレジットカードの審査は
主に過去の実績と
現在の職業・年収などで判断されます。
年収が低い
転職したばかりで、勤続年数が少ない
というのはマイナス要因であることは
間違いないのですが、絶対にダメ
ということではありません。
実は、審査上もっと厳しい事があります。
それは、「脱サラ」「独立」「起業」です。

恐らく、転職したばかりでも
年齢からして平均的な収入があったり
安定した規模の企業であれば
クレジットヒストリー(過去)に
問題さえなければ、クレジットカードは
問題なく作れる可能性が高いのですが、
脱サラは別です。

起業家の多くは、サラリーマン時代に
カードを作ってあって助かった、という
経験をしています。
『年収1億超えているのに、
楽天カードを作れなかった』
というケースもありますので、
いかに世間の目が自営業に厳しいか、
あるいは、いかにサラリーマンという身分が
安定しているか、思い知らされますね。

転職をカード会社へ伝えるべき?

私も、アメックスのゴールドを
サラリーマン時代に作ってあったので
本当に良かったと思います。
今、審査に通る自信がありません。

ダイナースは起業後10年は持てないらしいです。
ちなみに、転職や企業をしたとき
カード会社へ申告すべきでなのでしょうか?
これは、もちろんすべきなのですが、
カード会社も強制していないようです。

私は起業したことを申告していないので
アメックス的にはサラリーマンなのに
法人カードのインビテーションが届きました。

カード会社も、転職や脱サラは有り得る事も
承知の上で、支払いさえ滞らなければ
黙認しているようですね。
カードの限度枠を大きくしたいときなど
年収によって限度額に規制があるはずなので
そういう時には、勤務先と現在の年収を伝え
再度審査してもらうことになるでしょう。
カードは多いほど安心?
じゃあ、サラリーマンの今のうちに
作れるだけ作ろう!という
元気な人はいないと思いますが、
カードを大量に作るのはNGです。

例えばマイレージカードを作るのに

『JALとANAとデルタと
アメリカン航空のマイレージカードを
クレジットカード機能付で同時に作る』

という場合(いないと思いますが)
審査で断られる可能性があります。
不正目的の申し込みを疑われるようですね、
1ヶ月間に2枚くらいなら大丈夫だそうです。

「住宅ローンを申し込む時、
使っていないクレジットカードを
減らすようにアドバイスされた」

こんな話を聞いたことはありませんか?
カードローンの残高を減らすのではなく
使っていないカードまで減らすというのは
どういうことでしょうか?

法律的に、クレジットカードの限度額が
負債とみなされるわけではありませんし、
ローンを貸す側の金融機関がそんな事
知らないわけ無いので、審査上でいえば
心証面にかかわるのではないでしょうか?

ローンを貸す側にとっては
不要なカードをたくさん持っていると言うことが
計画性の無さ、杜撰さにつながるという
印象を与えるからではないかと思います。
マイルを貯める時も
航空会社、アライアンスを絞って
効率的に貯めるため、カードは
1種類に絞るのがベストです。

くれぐれもカードの作りすぎには
注意しましょう。