ANAマイレージの貯め方(陸マイル編)

ANA・JCBワイドゴールドカード

 

 

日常の買い物でマイルを貯める方法

 

マイルは飛行機に乗る以外にも、

買い物でも貯められますが
やはり乗って貯めるのが

一番効率がよいと思います。

 

飛行機に乗らずにマイルを貯める人を
陸マイラーと呼びますが、

陸マイルは空マイルの補助と
考えた方がいいと思います。

 

しかし補助とはいえ、

カードの利用額が大きい人なら
馬鹿にならないマイルがもらえます

使わないのももったいないです。

 

私は経費のかからないビジネス

なので、カードの決済額は低いですが

仕入れや広告費の決済をカードで

払っている友人は、陸マイルの

貯まり方が尋常ではありません。

 

また、普通のサラリーマンでも

日常の支払いを全てカードに切り替えるだけで

相当マイルが貯まるはずです。

 

陸マイルだけでファーストクラスで

ニューヨークまで往復という
猛者も実在します。

 

別の記事でマイルを貯める

マイレージカードの選び方を紹介しますので、
各航空会社のウエブサイトで、

希望の目的地までの必要マイルを見てみましょう。

 

ちなみにJALのサイトによると、

日本⇔ニューヨーク間往復を
ビジネスクラスで行くと

80000マイル必要です。
(割増・割引無し・燃油サーチャージ別)

 

すべて陸マイルで補うと、

1ポイント=1マイル=100円のカードの場合
800万円の利用になります!

 

JALはマイルの期限が36ヶ月間なので
1ヵ月22万円は使わなくては

ならない計算になります。

 

これは、サラリーマンには

結構厳しい数字だと思います。

 

もちろん裏技的に

獲得マイル数や交換率を高める方法は

ありますが、そういう裏技は

カード会社のルールが変わると使えなくなったり
率が悪くなったりすることが多いので、

あまり当てになりません。

 

頼りすぎない、こだわりすぎない、

というスタンスがベターです。

何事もほどほどにしましょう。

 

 

日常の買い物でマイルを貯める例

 

 

「旅客機への搭乗でマイルを貯める

マイレージカードの選び方」

 

というのが、

このブログのテーマの一つですが、
やはり、日ごろの買い物から、

こまめにマイルを貯めていく
ということももちろん重要です。

 

1ポイント=1マイル=100円

の交換レートのカードで、
毎月の食費、光熱費、生命保険、

自動車保険といった生活費を
出来る限りカード決済すれば、

毎月4~5万円くらいは
最低でも利用できそうですし、

10万円くらいはあっても

不思議ではありません。

 

特別無駄遣いをするわけではなく、

日常の支払いをカードに変えるだけです。
家族構成によっては、

もっと固定費が大きいかもしれません。

 

少なく見積もって、

毎月500マイル×12=6000マイルも
1年で貯まります。

 

6000マイルでは、

流石にペアでハワイは無理ですが、
マイルの使い方は、

無料の航空券だけではありません。

 

座席のアップグレードという使い方があります。

JALの国内線には、

クラスJ-eクーポンといって、3000マイルで
座席をエコノミーからクラスJという、

ビジネスクラスほどではないですが
かなり広々したシートにかえられます。

 

6000マイルあれば
エコノミー料金で2名が

ゆったりしたシートに切り替えられるのです。

 

このように、

マイレージプログラムは、航空券以外にも
様々なサービスがあるので、

滅多に飛行機には乗らないので
中々マイルがたまらないから、

最初から貯めないというのは
とてももったいない話なのです。

 

マイレージの裏ワザ ANA編

 

例えば「Edy」という電子マネーで

ポイントを2重取りする方法があります

 

Edyをチャージする時、

通常は「現金をEdyに換える」のが普通ですが
一部のクレジットカードは

Edyにチャージ出来てポイントまで付与されます。

 

Edyは利用するたびに

ポイントが付与される仕組みなのですが、
貯められるポイントが12種類の中から選べ、

その中にANAがあるのです。

 

Edyをチャージする時

ポイントが加算されるカードは限られていますが
ANAダイナースカードと、

ANA JCBワイドゴールドカードはOKです

ANAダイナースマイレージカード
ANAダイナースマイレージカード

 

 

ANAJCBワイドゴールドカード
ANAJCBワイドゴールドカード

 

こうしてANAカードで

Edyにチャージすれば、

1回の買い物で2回ポイントが
付与されるという訳です。

 

Edyはコンビニやスーパーをはじめ、

レストラン、ショッピングでも
使えるところが非常に多いので、

日常生活のほとんどの支払いで
ANAのポイントが貯められます。

 

ANAのポイントは言うまでも無く

ANAのマイルへ移行可能なので
コンビニでコーヒーをANAマイルを

日常の買い物でポイント2重取りできる
という事になります。

 

私がクレジットカードで支払いをするのは、

支払いそのものをスピーディに終わらせたいからです。

 

キャッシュレスで決済できるカードで
キャッシュレス決済用のEdyをチャージする

2度手間が気になってやっていませんが、
時間にすればたいしてかからないので、
日常生活で少しでもマイルを貯めたい
のであれば、試す価値はありそうです。

 

また、Edyはマイル以外にも、

楽天スーパーポイント、T-POINT,Pontaなど
12種類もポイントが選べるので、

マイルとは別のポイント目当てで
カードを作るのも良いと思います。

 

Edyにチャージしてポイントがもらえるカードは

種類が限られてくるので
どのポイントを貯めるかで、

カードのブランドを決めるのが良いでしょう。

 

 

 

マイレージサービスは、
もともと航空会社が自社ユーザーへの
それも優良顧客へのサービスのために
開発したものです。

 

そんな、上得意向けのサービスで、
他社の旅客機の搭乗でもマイルが付与されたり
そもそも旅客機に乗らず、航空会社とも無関係の
お買い物でマイルがたまるというのは
利用者としては、本当にありがたいことです。

 

実はこの情報は、

ANAの公式サイトにも載っているので

裏技でもなんでもないのですが、

公式サイトに裏技と書いてあったので

踏襲しました(笑)
そうまでして顧客へのサービスに努める
航空各社の企業努力には本当に頭が下がります。

 

関連記事

ANAマイルの貯め方(フライトマイル編)