パスポートって返納するものなの?


シリアへ渡航計画をしていた男性に外務省がパスポート返納命令

海外旅行や海外出張で、忘れてならないのがパスポート

シリアへ渡航計画をしていたフリーカメラマンの男性に対し
外務省は旅券(パスポート)を返納させ、話題になっていますね。

男性は「表現・報道:取材の自由を奪う行為だ」と批判しています。

「何でこんな時期に行くのか?」

と思うと同時に、

「報道の自由が大事なら、なぜ返納せずにシリアへ逃げなかったのか?」

と思ったのは私だけではないでしょう。
(行けといってるわけではないですよ)
カメラマンの男性はなぜ、表現の自由を奪わせたのでしょうか

外務省が男性にパスポートの返納を求めたのには
ちゃんと根拠があって、旅券法の以下の条文を根拠としています。
第十九条  外務大臣又は領事官は、次に掲げる場合において、
旅券を返納させる必要があると認めるときは、旅券の名義人に対して、
期限を付けて、旅券の返納を命ずることができる。
四  旅券の名義人の生命、身体又は財産の保護のために渡航を中止させる
必要があると認められる場合

(罰則)
第二十三条  次の各号のいずれかに該当する者は、五年以下の懲役
若しくは三百万円以下の罰金

六  第十九条第一項の規定により旅券の返納を命ぜられた場合において、
同項に規定する期限内にこれを返納しなかつた者

外務大臣の権限で、危険地域への渡航は中止させることが出来たんですね。
今後、この十九条での旅券返納は増えるかもしれないですね。

つーか、シリア政府にはシリアに渡航する日本人の
入国を拒否して欲しいですね。

(Visited 744 times, 1 visits today)
marui

投稿者: marui

<略歴>  弱小輸入商社→外資系損害保険会社→起業 <現在> 年商2億円程度の小さなインターネット関連企業を経営しています。 拠点が東海地方なので、東京⇔大阪間は新幹線で移動する ”陸マイラー” です。仕事は国内限定。年に2回くらい家族サービスで 海外旅行する際マイルを使っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です