Airebnbで実際に泊まった部屋
Airebnbで実際に泊まった部屋

Airbnbを初めて使ってみました。

 

ご存じない方のために念のため、Airbnbとはホテルではなく

ホストの家やアパートに宿泊する為のシェリングサービスで

ホテル予約サイトの民泊版です。

ホストがちゃんと民宿として申請すれば問題は無いのですが

多くは申請されておらず、

大家に内緒で賃貸物件をまた貸ししている

「闇民泊」ケースがほとんどなので問題になっています。

 

しかし、私のように頻繁に東京出張する立場からすると

東京のホテル事情を考慮して政府の規制緩和が進むことを

願ってやみません。

とにかく予約が取りにくく、値段も高騰しているので

苦労しているビジネスマンは私だけではありません。

 

東京オリンピックでは宿泊施設の不足が問題視されており

日本が観光立国を目指すのであれば

民泊は必要不可欠なインフラになるでしょう。

 

Airbnbを実際に使ってみると

海外からの旅行者を対象にしているので

部屋の説明や、ホストからのメールが

すべて英語の部屋もあるのでちょっと面倒です。

部屋のレビューが利用者から書き込まれていますが

それもすべて外国語だったりします。

まあ、私の語学力でも十分理解可能なので

実用上問題はありません。

 

今回は三連休直前の金曜日の夜の予約を

前日に取ったのですが、さすがに空室は少なかったですが

何とか希望の場所に近い部屋が取れました。

Airbnbでは、部屋の正確な場所が申し込み後しかわからない

という欠点があります。地図で大まかな場所はわかりますので

希望の地域の空室を検索して、希望に近そうなところにするしかない

という神経質な人には向かないシステムですが

私の場合特に気にならなかったです。

渋谷駅近くが希望でしたが、やや離れた円山町のラブホテル街にある

マンションの一室が私の予約した部屋でした。

ホストからのメールに書いてある住所を

Googleマップで検索して初めてわかるのですが、

スマホのナビがなかったらたどり着けなかったですね(笑)

ちなみにホストからのメールには、写真入りで渋谷駅からの道順が

解説されているPDFのリンクがありました。さすが海外旅行者向け!

 

マンションに入ると郵便ポストにナンバー錠で

繋いであるカギを外して部屋の鍵を受け取るシステムでした。

 

部屋は一人の出張には十分な広さで、

2名宿泊が標準の部屋なので、ベッドはダブルベッドでした。

場所が場所だけにラブホテル替わりに使う日本人も多いのでは?

円山町でラブホテル使うも、場合によっては安上がりかもしれません。

今回のお部屋はまあまあおしゃれな部屋でしたが

こういう内装のラブホあるよね~という感じでした。

 

価格的には
¥7,001 x 1泊¥7,001
清掃料金¥4,984
サービス料¥1,543

合計¥13,528

 

でした。値段が半端なのはユーロを円に換算してるから?

クレジットカード決済でしたが、日本での決済なので

レートの変動に影響されずこの値段です。

 

1室2名までこの値段なので、普通のホテルよりかなり安く

この値段で泊まれる都内のビジネスホテルより快適です。

今後も出張の宿泊にはAirebnbを使ってみようと思いました。

 

 

(Visited 290 times, 1 visits today)