アメックスゴールドカードのメリットとは??

私はプロパーのアメックスゴールドカードを持っています。

年会費29000円と少々お高いのですが、
確実に元は取れています。

 

このブログは
海外旅行で賢くマイルを貯めるがテーマなのですが、
マイルを貯めるだけでなく、使って旅行する時も
無料で美味しい思いが出来るのでご紹介します。

出発前後

 

一般的なカード会社のゴールドカードでは
海外旅行時、空港からの帰りの時
手荷物を無料宅配サービス、
というのがあるのですが、アメックスは
行きと帰り両方無料です。
まあ、帰りだけだと意味無い気もして
それが当たり前だと思うのですが
ほとんどの会社が出来てないです(><)
帰りはお土産で荷物が増えるから~とか
そういう感覚なんでしょうね。

空港まではMKタクシーの定額サービスを
割引価格で利用できるので、距離によっては
手荷物配送とタクシー送迎でかなり節約できてるはず。
肉体的にも楽ですね。40過ぎるとマジ助かります。

※羽田・成田・中部国際・関空のみ。

 

空港で

 

アメリカンエキスプレス・ゴールドカードを持つと
下記の空港でラウンジが無料で使えます。

 

国内
新千歳空港・函館空港・青森空港・秋田空港・仙台空港・羽田空港・成田国際空港・新潟空港・富山空港・中部国際空港・小松空港・大阪国際空港(伊丹空港)・関西国際空港・神戸空港・岡山空港・広島空港・米子空港・山口宇部空港・高松空港・松山空港・徳島空港・北九州空港・福岡空港・長崎空港・大分空港・熊本空港・鹿児島空港・那覇空港

 

海外
ハワイ ホノルル国際空港・韓国 仁川国際空港

 

海外がホノルルと仁川だけでは足りない
という方が多いのがゴールドカードの特徴なので
そのあたりも抜かりありません。

 

国内外700カ所以上ある
VIPラウンジが使える

ライオリティパス・メンバーシップの
会員に無料でなれ(通常年会費99ドル)、
1回27ドルの利用料が年2回まで無料になります。

ゴールドカード持ってチープな旅行とか有り得ないですよね。
やっぱ、空港ラウンジは使いたいですね

(無料だからいばれないけど)

 

成田空港ラウンジIASS1
成田空港ラウンジIASS1

 

成田空港ラウンジIASS2
成田空港ラウンジIASS

 

クレジットカード会社が提供するラウンジは

航空会社がファーストクラス・ビジネスクラス

の乗客用に用意するラウンジほど豪華ではありませんが

漫画喫茶レベルの内装といっては失礼かもしれませんが

外よりはくつろげます。

 

ファーストクラスやビジネスクラスに乗らなくても

ラウンジが使えるのは、航空会社が提供する

マイレージカードの方のサービスです。

 

関連記事

JALマイレージカードの作り方

ANAマイルの貯め方

 

旅行中のリスク

 

大概のクレジットカードには海外旅行保険が付いてくるものだけど
万一の時の死亡保障の金額の大きさしか見てない人が多いですね。

日本人は保険好きだから、生命保険くらい既に入ってるでしょう。
問題は海外旅行ならではのリスクへの対応です。

海外旅行保険で備えておきたいリスクは
疾病(病気)より傷害(けが)です。なぜなら海外旅行で
病院のお世話になるのは病気より怪我が多いからです。
慣れない水や食事で水あたり、食あたり…というのは
感覚的には病気ですが、保険約款上は傷害になるのです。

アメックス・ゴールドカードなら
旅行代金をアメックスで決済しない場合でも
(他のカードでマイルを貯めていてもw)
200万円の疾病障害保険が自動付帯するので
食あたりくらい充分事足ります。

あと、乗り継ぎ遅延・手荷物遅延など、ありがちなトラブルの保証も
ついてるのが嬉しいですね。

海外旅行保険は、空港で飛行機待ってる間に
保険会社の自動販売機を見つけて、とりあえず
2~5千円位の奴に入っているという
旅慣れてるのか、旅慣れていないのか
よく分からない人がいますが(笑)
アメックス・ゴールドカードがあれば特に必要無いです。

 

結論

 

海外旅行に関してだけ見ても、年2回海外旅行へ行く程度でも

充分に元が取れてしまうのがアメックスゴールドカードのメリットです。

ずいぶん昔の話ですが、私が初めてプロパーの

アメックスゴールドカードを手に入れたとき、

審査に通った連絡が電話できたのですが

「おめでとうございます」

と言われたことを覚えています。

アメックスゴールドカードを持つことは

おめでたい事のようです(^^)

 

関連記事

アメックスプラチナカードのメリット